PKS(パーム椰子殻)

 PKSは、アブラヤシの種核(パーム核)からパーム核油を絞った後のヤシ核殻で、バイオマス発電燃料の固体燃料として利用されている。主にインドネシアやマレーシアから輸入されており、インドネシアのPKS生産量は年間1,100万トン(インドネシアPKS事業協会)。PKSはバイオマス発電の燃料としてFIT制度で認定されている。PKSの熱量は1kg当たり約4,300~4,800kcalであるが、品質面では、異物の除去や水分含有率のコントロールが課題となりやすい。
 「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」は、搾油工場(POM)やアブラヤシ農園に対する第三者認証だ。日本へのPKSの輸出入においては、在インドネシア日本国大使館(経済産業省)の第1書記から、RSPO認証が義務づけられていないことが確認されている。2023年4月以降は、第三者認証が輸入の条件になると見込まれている。
 さらに、SDGs(持続可能な開発目標)に関連して、RSPO認証とは別に「持続可能な開発目標バイオ燃料に関する円卓会議(RSB)」認証を取得する動きがある。RSBは、SDGsに基づくPKS販売者自身の認証だ。