RSPO認証とは

「持続可能なパーム油のための円卓会議(RSPO)」は、

  1. アブラヤシ生産者
  2. 製油業・商社
  3. 製品製造業
  4. 環境NGO
  5. 社会・開発NGO
  6. 銀行や投資家
  7. 小売業

という7つのステークホルダーが中心となり、2004年に設立された非営利組織だ。
 RSPOは、持続可能なパーム油製品の生産や購買、融資、利用を促進するため、パーム農園、搾油工場を対象として、環境を守り、持続可能で社会的に有益な生産であることを証明する「P&C(原則と基準)認証」、製造・加工・流通工程の全段階で確実に受け渡すシステムが整っていることを示す「サプライチェーン(SC)認証」の2つの第三者認証を設けている。RSPOはパーム油を対象とする認証で、有効期間は5年。毎年、順守の確認が行われる。
 世界のRSPO認証を受けたパーム油の割合は19%。認証油は1,910万トンで、その生産面積は325万haにおよぶ。RSPO認証のパーム油の生産国は、インドネシア51%、マレーシア42%、パプアニューギニア5%、ブラジル1%、コロンビア1%となっている(以上、RSPO公式サイトより)。
 バイオマス燃料の供給において、持続可能性の確保やトレーサビリティの必要性が高まっている。再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)では、パーム油(バイオマス液体燃料)に関して、持続可能性の確認に関する経過措置による猶予期間(2022年3月末予定)の終了後には、RSPOの第三者認証が求められる見込み。また、SC認証により、認証燃料が非認証燃料と完全に分離されたかたちで輸送されたと証明することが必要となるだろう

RSB認証とは?

 「持続可能なバイオ燃料のための円卓会議(RSB)」は、PKS(パームヤシ殻)を対象とした、持続可能なバイオ燃料に対する認証制度を11年に創設した。FIT制度では、23年3月末までの経過措置として、持続可能性の確保に関する自主的な取り組みを行うことを前提条件として、PKSに関してRSB認証の取得が猶予されている。

ISPO認証とは?

 インドネシアでは、政府が11年から独自に「持続可能なパーム油認証システム(ISPO)」認証を定めており、小規模農家を含むパーム農園のすべての事業者に取得を義務化している。