インドネシアから輸出されるパーム椰子殻(PKS)は、輸出税とパーム農園基金による課税が行われる。インドネシアから輸出されるPKSに対する輸出税とパーム農園基金による課税の動向は、下記の通り。

PKSのインドネシア輸出税とパーム農園基金による課税

輸出税パーム農園基金CPO基準価格政府公開資料
2021年11月3031,283.38166/PMK.010/2020
76/PMK.05/2021
12月3031,365.99同上
2022年1月3031,307.76同上
2月1331,314.781/PMK.010/2022
76/PMK.05/2021
3月1331,432.24同上
4月1331,787.501/PMK.010/2022
23/PMK.05/2022
5月1331,657.39同上
6月1331,700.1239/PMK.010/2022
23/PMK.05/2022
7月1331,615.8398/PMK.010/2022
103/PMK.05/2022
7月15日~1301,615.8398/PMK.010/2022
115/PMK.05/2022
8月9日
~15日
60872.27123/PMK.010/2022
115/PMK.05/2022
8月16日
~31日
70900.52123/PMK.010/2022
115/PMK.05/2022
9月1日
~15日
70929.66123/PMK.010/2022
115/PMK.05/2022
9月16日
~30日
60846.32123/PMK.010/2022
115/PMK.05/2022
CPO 1tあたり、単位:ドル、50メッシュ以下

(1)輸出税

 PKSの輸出税はインドネシア財務大臣規則により、123/PMK.010/2022に定められている。この輸出税は、CPO輸出基準価格を基にした区分により決定される。

(2)パーム農園基金による課税

 パーム農園基⾦管理庁のパーム農園基金によるPKSに対する課税は、インドネシア財務大臣規則により、115/PMK.05/2022に定められている。この課税は、インドネシア商業大臣規則により決定されるCPO輸出基準価格を基にして、定められている。

出典:インドネシア財務大臣規則、2022年9月現在