3月7日の粗パーム油(CPO)のロッテルダム港CIF価格は1tあたり1,905ドル(4日比+35ドル)、インドネシア州取引所のメダン/ドゥマイ着の粗パーム油(CPO)価格は、1kgあたり17,511ルピア(同+558ルピア)となった。
取引商品終値
EU市場マレーシア製/インドネシア製・CIF ロッテルダムCPO1,905ドル(+35)
マレーシア製FOBマレーシアRBD
オレイン
1,750ドル(+0)
マレーシア製/インドネシア製・CIF ロッテルダム
(4日)
CPKO2,500ドル
現地納品CPKO9,970.5リンギット
(+49.5)
マレーシアデリバティブ取引所(MDEX)CPO7,225リンギット(+445)
インドネシア商品&デリバティブ取引所(ICDX)CPO24,430ルピア
(+1,665)
(1tあたり。カッコ内は4日比、単位は左記に同じ)
取引商品終値
ジャカルタ先物取引所(JFX)オレイン12,505ルピア(▲345)
州直売所、メダン/ドゥマイ着CPO17,511ルピア(+558)
(1kgあたり。カッコ内は4日比、単位はルピア)

仲値:1ドル=4.178リンギット=14,383.01ルピア
   1リンギット=3,443,40ルピア

※CPO:粗パーム原油、RBDオレイン:精製パームオレイン、CPKO:粗パーム原油
 FOB(本船渡):貨物引き渡しは本船の船上に置かれたとき、または調達されたとき。
 CIF(運賃保険料込):貨物引き渡しは本船の船上に置かれたとき、または調達されたとき。
 州直売所:KPB Nusantara

出典:インドネシアパーム油協会(IPOA) 3月8日付